根岸森林公園 馬の博物館と根岸競馬場跡

先日、根岸森林公園を訪れました。

目的は園内にある、馬の博物館のテーマ展
「やまとなでしこ・女性騎手の 先達 せんだつと変遷」です。
(直前まで競馬博物館なら東京競馬場に行くついでになんて勘違いしていたわけで…)

一応は当サイトの女性騎手をまとめたページの拡充になればと思って訪れたのですが、
かなり収穫がありました。(埋まらないところもまだまだありますが)

ページはこちら→女性騎手一覧

こちらにもいらっしゃいました。

ついでに、
根岸競馬場の跡も見学してきました。

園内は内馬場の跡地が芝生広場になっていて、市民の憩いの場所になっているようです。

馬の博物館から芝生広場を抜けて旧一等馬見所に向けて歩いたのですが、
中々のアップダウン、旧根岸競馬場はスタミナを要求されるコースです。

旧一等馬見所は南東に向いて立っています。

まずは東側から。
廃墟感がいい感じです。

北側に回って

北西側のモニュメントには、当時の写真と説明書きが(手前の青いやつ)

近づくと壮観です

壁面を覆う蔦がなんとも言えません

回り込んで南西側から
遠くにランドマークタワーが見えます

最後に北西側から(こちら側は遊具広場になってます)

※一般の方が写りこんでいる場合は、ぼかし処理を行っています。

まさに歴史的建造物と言った感じでしょうか。
今となっては、競馬と関係ない地域になってしまっているので、
なかなか競馬に関する施設として訪れる人はいないのではないでしょうか。
ほとんど放置されているようですので、もったいない気もします。
根岸ステークスではなく、根岸記念にすべきだと感じましたね。

実は写真を撮った後に、「撮影禁止区域です」と書かれた看板を見つけてビビり、
特に周辺はアメリカ海軍の住宅専用施設があり、これは本気でヤバいと感じたわけですが、
よくよく読むと個人で楽しむ範囲ではご自由にと書かれていたので、
相当に肝を冷やした一瞬でした。

最近では、スマホや携帯電話で、いくらでも写真が撮れる状況ですので、
少し自分も感覚がマヒしていましたが、写真を撮るという行為。考え改める良い機会でした。
まあ、実際には日本国内で一般人が入れて写真撮影が禁止となる場合は、明確に禁止と書かれていたりするもので、
特に屋外ではほぼお目にかかることはありませんが。
禁止と書かれていなくてもマナーを守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です