リステッド競走について考える

2019年より「リステッド」なる格付け競走が始まった。
既存のオープン特別という競走の中で、
とりわけ重要なレースであるものをリステッドと格付け、
一般のオープン特別と差別化を図ろうとするものである。
つまりリステッドの位置付けは、オープン特別以上重賞以下となる。

この「リステッド」とは一体何だろうか。
「ライト層に分かりやすい呼称を」などと宣い、
「3勝クラス」などと陳腐な名称を導入した割には、突如現れた単語のように思う。

リステッドは英語表記では「Listed」と書き、和訳すると「記載された」となる。
何に記載されたかと言うと、国際セリ名簿委員会(ICSC)が定める
国際セリ名簿基準書という書物である。
細かい説明は省くが、世界中のグレードレースが書いてあるもので、
ワールドワイドに競走馬ビジネスを行う人たちにとって、
父馬母馬がどんなレースを勝っているかを知るための本であり、
ジーワンだジーツーだと良く飛び交う単語ではあるが、
実は一般競馬ファンには全く必要のない書物である。

JRAは今年から新たに登場するような発表をしているが、従来より、
国際セリ名簿基準書にはリステッド競走は重賞に準ずる競走として記載されており、
日本グレード格付け管理委員会がこれに倣い、
一覧を作成するだけの簡単なお仕事をしただけに過ぎない。

国際セリ名簿基準書には、実はもう一つ下に格付けがあり、
LR(リステッドリストリクテッド:Listed Restricted)と言う。
Restrictedは「制限された」という意味であり、リステッド競走の中で、
性別年齢以外に出走制限があるレースという意味である。
日本のレースで一般的に出走制限があると言うのは、国内調教馬限定レース。
いわゆる国際ではないというレースである。

2019年に2~3歳の国内リステッド格付けがされたレースの内、
2018年のでは、ヒヤシンスS、アイビーS、萩Sのみが国際レースであり、
それ以外はLR格付けとなっている。
日本グレード格付け管理委員会がリステッドに格付けしたという事は、
3歳の国内リステッドは国際レースに変更されるという事なのだろう。
また、古馬では霜月S、欅Sがセリ名簿でリステッド指定されているが、
国内リステッドには記載されておらず、国際レースから外れるとみられる。
このあたりは、2019年の国際セリ名簿基準書が作成されれば一致してくるだろう。
中央のレースで国際セリ名簿基準書と日本グレード格付け管理委員会の差があるのは、
重賞であるが、グレード格付けの基準を満たしていない葵Sのみとなる予定である。
(葵Sは国際セリ名簿基準書ではリステッドと表記されている。)

さてこのリステッド表記の導入について、いくつか思ったことがある。

まず毎度毎度、世界基準に近づけようとしながらも、乖離していくのか。
Jpn1の時よりはまだマシだが、なぜ独自に格付けしようとするのかが疑問。
国際セリ名簿基準書があり、パート1国であれば、
それをそのまま表記すればいいだけではないのか。
日本グレード格付け管理委員会は必要なのか?

そして、国際セリ名簿基準書で既に格付けされているのであれば、
オープン競走を差別化する点で、平場のオープンを復活させるのではダメなのか。
現在は500~1000万クラスにしか区分けがないが、
その昔は平場と特別で差別化を図っていた。
いつの間にか準オープンまでもが特別ばかりになっているが、
名前のあるレースとないレースで、分かりやすく差別化出来ていたではないか。

また一部を除き、地方のダートグレード競走はほとんどがLRとされているが、
今後どのように対応していくのだろうか。
現状ではリステッドよりダートグレードは下位のレースとなっており、
国際セリ名簿基準書上ではブリリアントS>帝王賞と歪な形になっている。
既に国際レースを実施している大井以外の地方の競馬場では
国際レースを行うことが難しいため、
前述の通り出走制限があるとして、LR格付けとなっている訳だが、
リステッドを表に出してしまった以上、
これらをそのままにしておく訳にもいかないだろう。

一部期待されたレースがリステッドになっていないのも残念だ。
あくまで国際レースかどうかではなく、重賞に次ぐ重要性を持つレースとして、
JRAはリステッド格付けを導入するわけだが、伏竜Sがリストに入っていない。
伏竜Sはケンタッキーダービーの選定ポイントレースに指定され、
その重要性はとりわけ高いはずだ。
リストに入っていないのは国際レースではないことが窺い知れるが、
JRAの導入理由であれば、十分に対象レースに成り得るだろう。
リステッド導入が発表されのが3月、選定ポイント対象と発表されたのが9月ではあるが、
ここは変更して欲しかったところである。
日本グレード格付け管理委員会という組織が間に入っているのであれば、なおさらで、
リストに目を通すだけだ無く、少しは提案や修正案など仕事をしてみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です