中央競馬2017開催日程について

fbd50d054ea84549646715f56edea63d_s

2017年度開催日割が発表された。

各発表の通り、主な変更点は
「来年より大阪杯がG1に昇格」
「12月28日木曜日の開催」
が主な点だろうが、

よくもまあ、こんな酷い日程を考え付くものである。
本当に競馬開催のプロが考えたローテーションなのだろうか。

まず、大阪杯のG1昇格だが、2回阪神の4日目すら移設せずにそのままの昇格に驚いた。
筆者は数か月前の報道の際に、うまい具合に3回京都に移設して、
宝塚記念につながる京都の中距離G1になるだろうと期待していた。

関連記事:大阪杯 G1昇格

そもそも春先に中距離G1設置が切望されているのは、
天皇賞春が3200mという長距離であるが故で、
これでは従来中距離馬が大阪杯を選択し、
天皇賞を回避するという事象は全く同じで解決できない。

昨今の2000m付近を主戦場とする一線級の馬のローテーションは、
国内ならば大阪杯から宝塚記念に直行するパターン。
海外を選択すれば、ドバイ遠征から宝塚記念、
もしくは間に香港のクイーンエリザベス2世Cを挟むローテーションを選ぶようだが、
大阪杯の昇格になったところで、馬の流れが変わるとは思えない。

一線から少し落ちる馬ならば、別定の鳴尾記念、ハンデの目黒記念、新潟大賞典があり、
大阪杯の昇格などあまり影響がない。

一体何を目的としているのだろうか。
これではやはり売り上げ重視のG1バラマキと言われても仕方がない。

公式の理由では、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
古馬競走体系の整備として、
中距離適性を持つ一流馬の国内の春季競馬における出走機会を拡充し、
お客様により魅力ある競走を提供するため、
産経大阪杯[2000m芝]をG2からG1に昇格いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とのことだが、
G2をG1に昇格させただけで何を拡張・充実したと言っているのだろうか。

ここはもう、天皇賞春に手を入れなければならない時期に来ているのではないだろうか。
陛下の名を冠した伝統あるレース故、難しいのかもしれないが、
1984年に秋を2000mに短縮した決断が再び必要になりそうだ。

このままでは、天皇賞の出走レーティングが高位を維持できなくなり、
G2降格などとなっては、それこそ大変な事態である。
時代の流れと言ってしまえば簡単に片付くところだが、
長距離路線を蔑ろにし、長期で考えられない主催者の
G1乱立・重賞乱立が齎したツケがここに来て回ってきたのだろう。

提案としては、天皇賞の中距離化ではあるが、秋と同じく2000mでは芸がない。
ここは1800mへ短縮してみてはどうだろう。

とは言ったものの、個人的には長距離レースも、天皇賞も大好きなレースであるので、
願わくば、長距離路線の拡充と、各陣営の長距離への出走意欲が欲しいところであって、

大阪杯がG1昇格になってしまった以上、天皇賞から、NHKマイル、ヴィクトリアマイルの3週間のどこかに、
京都の1800mに変更してしまえばいいと考えている。(もちろん名称変更が必要だが)
これで下記の通り、中央場所4場で中距離G1が開催でき収まりがいい

5月 大阪杯or天皇賞 京都1800
6月 宝塚記念 阪神2200
10月 天皇賞 東京2000
11月 ジャパンC 東京2400
12月 有馬記念 中山2500

また折角阪神の2400mはチャンピオンを決めてもいいくらい良いコースなのに、
古馬重賞はなく、非常にもったいない。
大阪杯→宝塚と阪神でそのまま連戦するのであれば、どちらかは2400に変更を希望する。

次に、12月28日木曜日の開催だが、
これもどういう話でこうなったのか。
ただ単に、開催日数の調整や28日まで可能になったからというのでお粗末すぎる。

はっきり言って12月28日はただの平日である。
年末休業も普通は29~31からで、殆どの人が競馬を見れる環境ではないと思う。

公式の理由では、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年末までお客様に中央競馬を楽しんでいただくとともに、
競走馬の円滑な出走を図る観点から、12月28日(木)に中山・阪神競馬を開催いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とあるが、

平日では中央競馬を楽しむ客は少ないだろうし、競走馬の円滑な出走は考えるなら、
年間でところどころにある2場開催日を3場に増やせばいいだけのことだろう。

さらにこの年末のこの時期は、有馬記念が終わって地方競馬の書き入れ時である。
今年を例にとると、帯広、大井、笠松、園田あたりが開催しており、
こちらへの影響はどうだろうか。

また競馬という括りではなく、公営競技という括りで考えると、
競輪グランプリ、競艇のグランプリシリーズ、オートレースのスーパースター王座など
この時期の開催である。

さらにギャンブルという括りで考えれば、年末ジャンボが売ってたりと、
興行的にイベントも多いだろうこの時期に、中央競馬を望んでいる人はいるだろうか。

もう一つ、バカだなぁと思う点として、JRA最大のコンテンツ「有馬記念」の魅力を
削いでしまったことである。

28日の木曜には重賞ホープフルSが組まれており、現在はG2であるが、
G1格付け申請中となっており、ほぼG1昇格は決定である。

1年の締め括り、総決算など煽り文句も使えなくなり、
一般人ですら認識している、競馬の最後は有馬記念という構図を自ら崩してしまった。

2012年に阪神Cを有馬の翌日に実施した際に、阪神Cの売り上げは
160%強の売り上げで20億円以上プラスになったことを範としているのかもしれないが、
その年の有馬は90%弱の売り上げで40億近くマイナスになったことを忘れているのだろうか。

多分筆者は、大阪杯をG2を見るような目で見て、
12月28日は普通の日として過ごすのだろう。

発表された2017年日程の感想は

「酷い」

ただそれだけである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です