弥生賞ディープインパクト記念?

弥生賞が、弥生賞ディープインパクト記念という珍妙な名前になるそうだ。

この名前どうにかならないだろうか。
単にディープインパクト記念という名称ではダメだったのだろうか?

現在の中央競馬ではセントライト記念、シンザン記念、
副称のトキノミノル記念を含めてに4例目の馬名記念レース。

過去にはクモハタカブトヤマセイユウタマツバキシユンエイを冠した記念レースが、
地方競馬では、指定交流のダイオライトやオグリキャップ記念、コスモバルク記念など地方で活躍した名馬を冠したレースは沢山ある。

ディープインパクト記念を作ることは賛成だが、頭の弥生賞がどうにも邪魔であるし、
弥生賞とい名称も捨てがたい。

なぜ割と伝統のある弥生賞にメスを入れたのか

実はシンザン記念が悪しき凡例となっており、シンザンは1月の京都の芝マイルの平場オープンに出走しており、これを元に同じ時期に同じ距離での記念競走をとなっている感が強い。

実際、特に記念となる馬が出走したかどうかというのは、問題ではない。
アラブの3頭は同時期にレースを勝っているが、
セントライトは同時期に中山で走っていないし、トキノミノルも2月に東京で走っていない。
クモハタは12月に中山で勝っていないし、カブトヤマも同様である。

勝ったことのある時期や場所でレースを選定してしまうと、
クモハタのように種牡馬成績で評価されているような馬の記念レースを作るのは難しいことになってしまう。
さすがにディープインパクト記念が牝馬限定戦とかだとマズいが、
クラシック路線のステップレースの位置に存在すれば、特に問題はないように思う。

正直なところ中山にディープインパクトのイメージはないし、
むしろ国内で唯一負けたのが中山である。

もし出走歴のあるレースと言う事であれば、若駒Sをディープインパクト記念とし、
賞金増額と重賞格を取得するのが妥当ではないか。

JRA発表では報知杯弥生賞ディープインパクト記念となっているが、
願わくば、共同通信杯同様、弥生賞(ディープインパクト記念)であって欲しいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です