降級制度廃止について

降級が廃止になるという報道を受け、
いくつかの問題点を考え、また現行システムに提言したいと思う。

降級廃止それ自体は、特に問題がないと思うが、
現状のまま、「ただ廃止にします」では、各所問題が出る。

現状の制度では、
4歳馬の収得賞金が夏番組に切り替わった時点で半額として扱われ、

これに伴い、例えば1000万下クラスから500万下クラスへ降格
といった状況が生まれる。

強い競走馬を求める競馬の本質から考えて、
純粋に勝ち上がれなくなった競走馬が、切り捨てられることは必然であり、
むしろ降級と言った救済措置があることが歪であると思えるが、
これを廃止することでますます歪になる可能性もある。

まず降級が廃止されることでどうなるかだが、
メリットとしては、
例えば1000万クラス頭打ちで降級がないとなれば、登録抹消と言う選択肢が考えられる。
従来であれば、500万クラスに降格となり、再度1000万クラスまで勝ち上がる程度までは走れる可能性があった訳だが、
この期間がなくなり、競走寿命が短かくなるであろう。

競走寿命が短くなるのは、純粋に登録頭数が減少するので、
除外ラッシュの軽減に繋がり、今まで、フルゲートの枠を奪っていた弱い馬が淘汰され、
競走レベルも向上すると考えられる。
1つのレースに限ったことではなく、馬房数に制限のある現状では、
頭打ちの古馬を退厩させて、新たな新馬を入れた方が、よっぽどまともだろう。

一方でデメリットは、
競走寿命が短くなると、その馬が生涯稼ぐことの出来る賞金額が減少するわけで、
社台等の大馬主、大生産者であれば、何の問題もないだろうが、
個人馬主や中小生産者にとっては採算が合わなくなる可能性もあり、
勝って昇級するよりも、掲示板に入り続け賞金を稼いでくれた方が良いと判断されると、
これは公正競馬ではなくなってしまう。
実際、常に掲示板にのるような競馬を続けてくれる馬を馬主孝行な馬と称することもある。

またクラブ馬主の競走馬のように、故障がなければ、
いついつまで走ると言った規約がある場合もあるが、
これらも規約の見直しで期間が短くなる可能性が高く、
個人馬主の採算が合わなくなることも考えられる。

登録抹消は単に引退という訳ではなく、地方に移籍する可能性も多いに考えられる。
中央で1000万程度となれば、地方競馬の格にもよるが、その地域の重賞級である場合も多く、
地方のある程度のレベルの馬資源の確保にも繋がるが、
それらの馬が大挙押し寄せるとなると、地方競馬の生え抜きの減少、
引いては、生産者界の下皿が奪われることになりかねず、これは諸刃の剣である。

また、もう一つの手としては、早期の障害転向といったことも考えられ、
現状で障害免許を持つ騎手が不足していることを考えると、
障害騎手育成、障害レースの拡充など、そちらにも目を向けなければならなくなるだろう。

中央競馬としては、売り上げの伸びない500万条件戦を減らしたいとも考えているだろうが、
もっと減らしたいはずの障害レースに目を向ける必要が出るのは皮肉である。

競走寿命が短くなると、(現状でもそうだが)
先々生産界は、仕上がりの早さ→早期引退→繁殖入りを目指す流れになるだろう。

そうなると、古馬になってから選択肢が広がる状況ではカテゴリの傾倒、
一部種牡馬への集中が現状よりも酷くなる訳で、
2~3歳の段階で、各カテゴリを整備・拡充する必要も出てくる。
2~3歳を芝の中距離だけで走らせている訳には行かない。
まあこれは降級云々。早急にメスを入れなければならないところなのだが。

と、降級廃止からかなり踏み込んで、
メリット、デメリットと共に問題や同時にやるべきことをを考えてみたが、
基本的に筆者は競争原理に基づいて降級廃止は賛成である。
日本競馬のピラミッドはやはり中央競馬が頂点であって、地方競馬は下層に位置する。
単純に競走馬の強さは中央>地方であって競走馬のランクごとに活躍できる場所が違って当然である。

ただ、賞金の確保のために、勝ちを敬遠するような状況が生まれてはならない。

そこで、降級云々の前に、現在の本賞金のみの加算方式を辞めるべきだと提案したい。

方法としては総獲得賞金のすべてが、昇級の条件にするべきで、
賞金を稼いだらランクが上がるという仕組みが最も単純で、公正であると言え、
一つでも上の着順を狙うのが当然となるだろう。

例えば、今の500万クラスの一般賞金額は、1着750万、2着300万、3着190万、4着110万、5着75万である訳だが、
このクラスで5着が10回あれば、昇級させると言った方式で、
2着3回で900万の獲得賞金、3着4回でほぼ1着と同格といった感じである。

最近の馬だと、イチダイなんかがいい例で、
中央入りしてから500万条件で着拾って4000万弱稼いでいる訳だが、
G3と同じくらい稼げる馬が今1000万クラスな訳で歪感は否めない。
(別にイチダイが狡いと言っている訳でなく)

サウンズオブアースなども、勝ちはなくとも実力は示しているわけで、
ゴール板を先頭で駆け抜けるだけが、実力を決める方法ではないということ。
稀勢の里だって優勝がなくても強いじゃないか。

こういう上位争い出来る馬は、上のクラスでもやれておかしくない訳だ。

これによって、賞金は稼ぐけどクラスは上がらせない
といった狡い作戦も通用しなくなるだけでなく、
トライアルなどで2着や3着で強い競馬をしたが、
本番は賞金が足りませんでした。のようなことも軽減されるであろう。

ただこの方式では、あまりにオープン馬が増えてしまう訳で、
1600万とオープンの間にもうひとクラス必要になること、
もしくは、馬券範囲と同様に3着までが対象で、4着以下の賞金を撤廃するのも手である。
1着70%、2着20%、3着10%程度で。

また、もう一つ考えなければならないのは、
2~3歳時の条件戦が組めない時期のレース賞金の減額である。

例えば、仕上がりの早さだけで、2歳重賞を2着してしまった馬など、
こういった馬が、ある意味歪な形で上位クラスに編入され、
不遇な競走生活を送らなければならない場合もある。

段階を踏んで条件戦をクリアすれば、3つは勝てただろうと言う馬が、
レースがないばかりに、1勝で重賞挑戦も不遇である。

もちろん仕上がりの早さそれ自体はメリットであるし、
函館2歳Sの2着馬を贔屓する気もないが、稼げたはずの賞金が稼げないのも問題である。

上記と合わせて、2~3歳のローテーションも見直すべきである。

前述の通り降級廃止には賛成したい。
ただ正直降級制度廃止の前にやることはたくさんあると思うし、
降級制度廃止となっても、同様にやるべきこと、考えることが山のように増えるわけで。
今やるべき内容なのかなと思うところである。

それより何より。
降級馬が走るような、夏の条件戦を買うビギナーはいないと思うが
「ビギナーファンには分かりにくい」と理由づけした
JRAの明後日の方向に向いた目を戻すにはどうしたらいいか考えた方がいいかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です