傾向と対策 2019 レディスプレリュード

50 Views

A.前走は7月以降のダート1600~2000mで地方中央問わず重賞で一桁着順であること。(例外:2016年優勝のタマノブリュネットは1000万下条件勝利後、同年2着のトーコーヴィーナスは名古屋重賞秋桜賞1400m優勝から、2017年優勝のクイーンマンボは芝のローズS 12着から臨戦。ただしクイーンマンボの2走前はブリーダーズGC 2着。)

B.3~6歳まで。

C.地方勢は全国から参戦し、まずまずの成績。前走交流重賞か、地方重賞優勝なら切れない。

D.ブリーダーズゴールドCとスパーキングレディーCからの臨戦馬が8割。

馬名 斤量 A B C D 推奨
プリンシアコメータ 56.0
アンデスクイーン 55.0
オルキスリアン 55.0 ×
マドラスチェック 53.0
クレイジーアクセル 55.0
エイシンセラード 55.0 × ×
サラーブ 55.0 × ×
ラビットラン 56.0 ×
ローレライ 55.0 × ×
ファッショニスタ 55.0
ミッシングリンク 55.0
アルティマウェポン 55.0

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です