傾向と対策 2020 エンプレス杯

A.前走は11月以降のダート1700~2100。中央重賞なら着順問わず。交流重賞は一桁。条件戦は勝ち必須。前走芝の場合はダートで勝利実績があること。(例外:2019年優勝のプリンシアコメータはクイーン賞10着から臨戦)

B.4歳から7歳まで。

C.地方所属馬は南関東のみ許容。

D.リピーター率高し。前年度3着以内馬は買い。

E.中央馬×地方騎手は買い。

馬名 斤量 A B C D E 推奨
アッキー 55.0 ×
アンデスクイーン 56.0 ×
クレイジーアクセル 55.0 ×
グレートコマンダー 55.0 ×
サルサディオーネ 55.0 ×
サンルイビル 55.0
シークレットアリア 55.0 ×
トーセンガーネット 55.0
ナムラメルシー 55.0 ×
パッシングスルー 55.0 ×
ピアノイッチョウ 55.0 ×
プリンシアコメータ 56.0
ラインカリーナ 56.0

前年度優勝のプリンシアコメータと鞍上的場文男のトーセンガーネットから牡牝混合4着のラインカリーナ、地方所属ではサンルイビルが減点なし。ダート実績はないが加点減点でフラットのパッシングスルーは要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です