傾向と対策 2020 皐月賞

41 Views

A.前走は芝1600~2000mの重賞か若葉Sのみ。年明けに走っていることが条件で、若葉Sなら連対。それ以外は一桁着順であること。(例外:2019年優勝のサートゥルナーリアはホープフルステークス優勝からの臨戦)

B.前々走もオープン以上で一桁着順であることが必要だが、条件以下でも勝利であれば。

C.3歳春の段階なので実績はさほど重視しないが、オープン特別以上で連対していればOK。

馬名 斤量 A B C コース 距離 推奨
アメリカンシード 57.0 × × ×
ウインカーネリアン 57.0 ×
ヴェルトライゼンデ 57.0
ガロアクリーク 57.0 ×
キメラヴェリテ 57.0 ×
クリスタルブラック 57.0
コルテジア 57.0
コントレイル 57.0 ×
サトノフウジン 57.0 × × ×
サトノフラッグ 57.0
サリオス 57.0 ×
ダーリントンホール 57.0 ×
ディープボンド 57.0 × × ×
テンピン 57.0 × × ×
ビターエンダー 57.0
ブラックホール 57.0
マイラプソディ 57.0
ラインベック 57.0 ×
レクセランス 57.0 × ×

コントレイル、サリオスのG1馬2頭は2歳G1から直行で減点。サートゥルナーリアクラスならお手上げだが、1戦叩いた馬を評価したい。
またマイラプソディは中山実績で加点なく、逆に中山で実績のある、ヴェルトライゼンデ、クリスタルブラック、サトノフラッグを中心に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です