傾向と対策 2020 高松宮記念

A.前走阪急杯、シルクロードS、オーシャンSで一桁着順であること。G1馬はいずれも度外視。

馬名 斤量 A コース 距離 推奨
アイラブテーラー 55.0 ×
アウィルアウェイ 55.0
キングハート 57.0
グランアレグリア 55.0
クリノガウディー 57.0
グルーヴィット 57.0 ×
ゴールドクイーン 55.0 ×
シヴァージ 57.0 ×
ステルヴィオ 57.0
セイウンコウセイ 57.0
ソウルスターリング 55.0
ダイアトニック 57.0
ダイメイプリンセス 55.0
ダノンスマッシュ 57.0
タワーオブロンドン 57.0
ティーハーフ 57.0
ナインテイルズ 57.0 ×
ナックビーナス 55.0
ナランフレグ 57.0
ノームコア 55.0 ×
ミスターメロディ 57.0 ×
モズアスコット 57.0
モズスーパーフレア 55.0 ×
ライトオンキュー 57.0 ×
ラブカンプー 55.0

ステップが決まり切っていて、ファクターが少ない。加点もバラけていて絞りにくいが、ナランフレグはコース距離共に相性が良く、減点なし。2走前に中京の1200で準オープンを勝ち、前走で重賞でも通用するところを見せた。
問題は優先出走順位が最下位で除外濃厚なこと。7頭が回避してくれれば…出走叶うなら本命。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です