傾向と対策 2020 大阪杯

198 Views

A.前走は10月以降の芝1800~3000mの重賞で一桁着順。オープン以下なら連対必須。(例外:2019年3着のワグネリアンは9月の神戸新聞杯優勝以来)

B.近2走中に重賞5着以内。(例外:2011年2着のダークシャドウは1000万下連戦、同年3着のエイシンフラッシュはジャパンカップ8着→有馬記念7着)

C.前年のG1馬は買い。

D.G1馬以外の牝馬は消し。

E.8歳以上は消し

馬名 斤量 A B C D E コース 距離 推奨
ヴェロックス 57.0 ×
カデナ 57.0
クレッシェンドラヴ 57.0
クロノジェネシス 55.0
サトノソルタス 57.0
ジナンボー 57.0
ステイフーリッシュ 57.0
ダノンキングリー 57.0
ブラストワンピース 57.0
マカヒキ 57.0 ×
ラッキーライラック 55.0
レッドジェニアル 57.0 ×
ロードマイウェイ 57.0 ×
ワグネリアン 57.0

クロノジェネシスが前年のG1牝馬で前走の内容も良く筆頭候補。2000に良績はないがラッキーライラックが次点。牝馬2頭で。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です