傾向と対策 2020 JBCレディスクラシック

67 Views

A.前走は8月以降のダートで当該レースとプラスマイナス400mの中央準オープン以上か交流重賞であること。掲示板を確保していること。(例外:2016年2着のレッツゴードンキはスプリンターズS 9着から、同年3着のトーセンセラヴィは川崎の条件戦優勝から、2017年3着のラインハートはBSN賞で競走中止から臨戦)

B.3~6歳まで。

C.地方馬は南関東勢を警戒。

馬名 性齢 斤量 騎手 A B C 推奨
レーヌブランシュ 牝3 53.0 松山弘平
マドラスチェック 牝4 55.0 森泰斗
ナムラメルシー 牝6 55.0 石崎駿 ×
マルカンセンサー 牝5 55.0 笹川翼 ×
プリンシアコメータ 牝7 55.0 岩田康誠 ×
ダノンレジーナ 牝4 55.0 本橋孝太 ×
シネマソングス 牝5 55.0 池添謙一 ×
サルサレイア 牝4 55.0 福永祐一 ×
サルサディオーネ 牝6 55.0 矢野貴之 ×
サンルイビル 牝5 55.0 藤本現暉 ×
ヨミ 牝5 55.0 丸山真一 × ×
ファッショニスタ 牝6 55.0 北村友一
マルシュロレーヌ 牝4 55.0 川田将雅
ローザノワール 牝4 55.0 C.ルメール
レイチェルウーズ 牝3 53.0 本田正重 ×

大井開催となればレディスプレリュードの結果からマルシュロレーヌ、マドラスチェック、レーヌブランシュ。
プリンシアコメータは年齢で消し。
別路線のローザノワールを注意。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です