傾向と対策 2020 JBCスプリント

18 Views

A.前走はマイルCS南部杯連対か、東京盃一桁着順であること。(2019年3着のトロヴァオはマイルグランプリ5着から臨戦)

B.4~8歳まで。

C.地方馬は南関東を警戒。

馬名 性齢 斤量 騎手 A B C 推奨
ヒロシゲゴールド 牡5 57.0 藤岡康太 ×
モズスーパーフレア 牝5 55.0 松若風馬 ×
ノブワイルド 牡8 57.0 左海誠二 ×
メイショウアイアン 牡10 57.0 落合玄太 × × ×
トロヴァオ 牡7 57.0 藤田凌
サブノジュニア 牡6 57.0 矢野貴之
サクセスエナジー 牡6 57.0 松山弘平 ×
シャインヴィットゥ 牡6 57.0 笹川翼 ×
キャンドルグラス 牡6 57.0 M.デムーロ ×
マテラスカイ 牡6 57.0 武 豊
ジャスティン 牡4 57.0 戸崎圭太
ベストマッチョ セ7 57.0 森泰斗 ×
コパノキッキング セ5 57.0 藤田菜七子
ブルドッグボス 牡8 57.0 御神本訓史
クルセイズスピリツ 牡5 57.0 西啓太
ミスターメロディ 牡5 57.0 福永祐一 ×

東京盃からの臨戦馬が強いレースで、ワンツースリーを基本線で。
ただし着順は逆転する可能性が高い。
トロヴァオ、サブノジュニア、クルセイズスピリツも逆転の目を残した前走着順。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です