傾向と対策 2020 阪神スプリングJ

A.前走は11月以降で掲示板以内に収まっていること。

B.平地からの臨戦は前走一桁着順。(’19年優勝のオジュウチョウサンは有馬記念9着、’09年3着:G3ウイナーのミヤビペルセウスが平地を一叩きして参戦。)

C.休み明けは前走重賞で好成績なら許容。(’11年優勝:オープンガーデンは前年の中山グランドジャンプ2着以来約11か月ぶり。)

D.4~9歳まで実績があり、牝馬(’18年2着グッドスカイ)、セン馬(’16年3着ヴィーヴァギブソン)も1度ずつ複勝圏がある。

馬名 斤量 A B C D 推奨
オジュウチョウサン 62.0
クラウンフレイム 60.0 ×
シゲルスズキ 60.0 ×
シンキングダンサー 60.0
シングンマイケル 62.0
スズカプレスト 60.0
セガールフォンテン 60.0 × ×
トラスト 60.0
ハルキストン 60.0
ヒロシゲセブン 60.0 ×
ブライトクォーツ 60.0

オジュウチョウサンが平地からの臨戦だが、自身がこの条件を昨年にクリアしており、問題はない。平地転向時期があったことで、未対戦馬が多く、勢い、実績のある馬へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です