北陸新幹線開通で金沢競馬は

f96fd5c73e50d4f861eca84315fb3028_s

まず思う。
なぜ今年のJBCは金沢開催ではないのか。
ということ。

特に金沢競馬を贔屓にしている訳ではないが、
イベント事と組み合わせるのが、一番集客が見込めるのではないかと、
普通に考えた。

北陸新幹線が2015年開業なんてのは、大分前から分かっていた訳だし、
決め方自体がどういう仕組みなのか定かではないが、
金沢競馬自体が、2015年の開催地に名乗りを上げたのかどうかが気になる。

2013年に金沢競馬でJBC開催があり、
隔年開催が忌避されたとなると、
時期尚早であったと言える。

大井競馬が2003~2004と連続開催したこともあるので、別に構わないと思う。
(まあ大井だけは特別だろうが。)

逆に2013年のJBC金沢開催で失敗したのかと勘繰ってしまうが、
2013年の段階では、クラシック単体で10億円を超えるなど、
前年の川崎ナイターを超える過去最高の売上だったようだ。

考えたくはないが、金沢競馬だけ儲けさせるわけにはいかないと
他の競馬組合が足を引っ張っているのか。

横並びが大好きな人たちには、足並みそろえて赤字にしたいのだろうか。

話題がそれるが、JBCは11月3日の文化の日にこだわるのを止めた方が良い。
確かに祝日なのだが、11月3日固定であるので、連休とは限らないし、
1日だけの祝日で長距離を移動しようと思えるか?

集客が多い、有効な開催日にするなら、3連休の土曜日が良い。
近い日付だと10月第2月曜の体育の日が繋がる連休の土曜日はどうだ。

もちろんJRAに土曜開催を譲ってもらう必要があるが、
JRAは日祝で2日開催すればいいと思う。

別件だが、JRAは地方の稼ぎ時の祝日に競馬開催を止めるべきだ。
もちろん馬券を相互発売しているのはいいが、
客を地方競馬にも足を運ばせるべきだ。

閑話休題

土曜はJRAでもJBCの馬券を売ってターフビジョンで放映してもらう。

家族連れで遠出しても、土曜日に競馬行って、日祝は家族サービス。
そんなこともできるのではないか。

競馬だけではなく、競馬場を抱える街にも競馬を通じて経済効果、恩恵を与えることが出来るだろう。

2度目の閑話休題

金沢競馬にとって、北陸新幹線開通は、メリットはあっても、デメリットはないだろう。

福山駅に、のぞみが停まるようになっても、福山は廃止になってしまったが…

それはそうと、
金沢競馬のウェブサイトに北陸新幹線の情報があってもいいと思うのだが、
やる気あんのかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です