宝石のレース名

本日はダイヤモンドS

1951年創設の割と歴史のある、長距離ハンデ戦の名物レースである。

さてこのレース名をどのように捉えるかというところだが、
タイトル通り最もポピュラーな宝石の名称が由来している。

ではなぜレース名に用いたのかというと、

現在は2月の施行だが、1951年の創設当初ダイヤモンドSは4月の施行だった。

4月のダイヤモンドと言えば、誕生石である。
2月とダイヤモンドは一切関係がない。
これもまた皐月賞と同じように暦を間違えたレースなのである。

ということでまたもレース名に誕生石を用いたものを調べてみた。

誕生石の設定自体が、商売絡みなのだろう。
宝石商組合が後から設定したり、追加したりして一定ではない、
また国によって変化したりするが、

一応以下が日本で一般的に知られる一覧である。

1月 ガーネット
2月 アメジスト
3月 アクアマリン、コーラル、ブラッドストーン
4月 ダイヤモンド
5月 エメラルド
6月 パール、ムーンストーン、アレキサンドライト
7月 ルビー
8月 ペリドット、サードニックス
9月 サファイア
10月 オパール、トルマリン
11月 トパーズ、シトリン
12月 ターコイズ、ジルコン、タンザナイト、ラピスラズリ

レース名をよくご存じの方なら、
割とレース名になっているのに気付かれると思う。

ガーネットS(1月)
中山競馬場のダート1200mのG3で施行
2008年に廃止されたが、格付け以前、オープン特別、条件戦時代を含めて全て1月に施行

アメジストS(2月)
東京競馬場の芝の中距離、準オープンで施行
中山でのオープン特別時代の1992~1996年まで3月に施行
準オープンに降格した1997年より2月施行

アクアマリンS(3月)
中山競馬場の芝の短距離、準オープンで施行
ほぼ3月開催だが、開催の切れ目で2月末だったり4月頭だったりすることも

コーラルS(3月)
阪神競馬場のダート短距離のオープン特別
開催は3月末の設定でほぼ一定だが、カレンダーの影響で4月開催が多い

ブラッドストーンS(3月)
春天のステップだったが、いつの間にかダートの短距離の準オープンで定着
3200m時代は4月に入り込むことが多く、
現在は2月末になることもしばしば

ダイヤモンドS(4月)
東京競馬場の芝3400m、G3で2月に施行
グレード制導入前は4月(ズレても3月末)に施行。
1984年からは1月~2月で固定

エメラルドS(5月)
主に関西圏の競馬場で芝の中距離準オープンからオープン特別として施行
2007年を最後に現在は施行されていない
1996年に6月開催はあったものの、5月に施行

パール(6月)
京都競馬場の芝の中距離、準オープンで施行
開催されない時期もあるが、2000年代に施行されたほとんどが5月

ムーンストーン(6月)
レース名なし

アレキサンドライトS(6月)
中山競馬場のダート中距離の準オープンとして1月に施行。
6月に施行された例は一切ない。
ただし一部1月と設定している場合もあり、
一概に間違いとは言えないかもしれない。

ルビーS(7月)
施行回数は少ないが、東京、新潟、福島で7月に条件戦で施行された例がある。

ペリドット(8月)
レース名なし

サードニックス(8月)
1988年の8月に一度、福島競馬場で2勝クラスの条件戦として施行された。

サファイヤS(9月)
1983年~1995年までエリザベス女王杯の前哨戦として芝の中距離重賞で施行
ほぼ9月開催だが、10月頭にずれ込むこともあった。

オパールS(10月)
京都競馬場の芝1200m、オープン特別として施行
距離が変動しても、競馬場が代替で変更になっても、
一切暦のずれ込みが無く、全て10月に施行

トルマリン(10月)
レース名なし

トパーズS(11月)
京都競馬場のダート1800m、オープン特別として施行
2009年までの施行だが、芝2000m時代も含めて全て11月に施行

シトリン(11月)
レース名なし

ターコイズS(12月)
中山競馬場の芝1600m、今年から重賞
1997年に11月に施行された以外は全て12月施行

ジルコン(12月)
レース名なし

タンザナイトS(12月)
昨年初めて阪神競馬場の芝1400、オープン特別で12月に施行

ラピスラズリS(12月)
2010年より中山競馬場の芝1200、オープン特別で12月に施行

誕生石を由来にしただけのことはあり、
暦と施行時期はダイヤモンドS以外はあながち間違ってはいない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です