役目を終えたジャパンカップ

今年も日本馬の優勝で幕を閉じたジャパンカップ。

「世界に通用する強い馬づくり」の提唱の元、創設され、
新興レースながら八大レースの様相にまで成長してきたジャパンカップだが、
すでに成長は終え、老い始め、役目を終えたと言っても過言ではない。

1984年には参加国が8、1994年には外国馬の出走が11頭、
参加国の多さから「世界一の競走」「競馬のオリンピック」と呼ばれたのも今は昔。

ここ10年連続で日本馬が優勝し、外国馬のレベルも年々低下傾向にある。

ジャパンカップは周知の通り、招待レースである。
外国馬の関係者の輸送費、滞在費、交通費、宿泊費を全額JRAが負担し、
「手ぶらで良いから是非レースに出てくださいね」というレースであるにも関わらず、
一流馬はこぞってジャパンカップを辞退し、香港やブリーダーズCに回る。
(香港も招待レースである)

極東日本のレースには高い賞金であっても、二の足を踏む何かがあるということか。

単純に、前後に存在するブリーダーズカップと香港国際競走
に馬資源を奪われていると考えられる。

これらのレースは、一日に複数のG1レースを実施しており、
出走させるにあたり、魅力のあるイベントになっている。

対してジャパンカップは、ジャパンカップダートと同じ日程で実施されたこともあったが、
現在ではジャパンカップ1レースのためだけに来日しなければならない状態である。

ジャパンカップダートが存在したところで、選択肢は2つでBCや香港に遠く及ばず、
JCダートがそもそも外国馬が出走し難いダート馬場や右回り、距離などの問題を抱えており、
同時施行でも改善はなかったが。

さて、JRAは役目を終えたジャパンカップを、どうしたいのか。

いくらファンに、日本と世界の激突とアピールしても、外国馬は貧弱で、
いくら招待しても有力馬は来日しない。

賞金額を上げても来日しない。

ターニングポイントとしては、外国馬が2頭しか来なかった2006年、
結果的に参加国がイギリスのみになった2008年(アメリカのマーシュサイドが感冒で取消)
を見てテコ入れをしておくべきだったのだろうが、
現状はご覧の通りである。

筆者の考えるテコ入れ案としては、
従来から提言している、ジャパンカップの年末への移動、
有馬記念廃止案

ブリーダーズカップの様な、複数重賞レースの開催。

の上記2点をまずは提言したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です