有馬記念 枠順ドラフト に先駆けて 過去の出目

今年は純粋な抽選ではなく、希望枠順選択制となる有馬記念。

25日に有馬記念の枠順ドラフトが迫っているが、どうやら内枠の偶数枠が人気になりそうだ。

外枠不利と騎手が口を揃える中山内2500m

実際に中山内2500mで行われるようになった1966年以降45回分の1着から3着までの枠順(馬番号)を調べてみた。

1着 2着 3着
1番 3 6 6
2番 2 5 6
3番 8 4 1
4番 4 4 5
5番 2 2 5
6番 5 4 7
7番 3 3 3
8番 3 4 0
9番 4 2 2
10番 4 1 2
11番 2 4 3
12番 1 4 4
13番 3 3 2
14番 2 1 2
15番 2 1 0
16番 0 0 0

実際にはフルゲート16頭に満たない場合もあるが、
それにしても過去45回施行して16番枠が3着以内に一度も来ていないとなると、
これは最後まで残る枠になるのだろう。

逆に一番有利であろうと思われる枠順は3番で
優勝回数が最も多い。
とはいえ、奇数枠は先入れになるので、6番あたりが最初に埋まるのだろう。

とりあえず、ドラフト上位組は枠順による敗戦の弁が出来なくなる訳であるし、
面白い取り組みであると思うので、記念だからとかではなく、継続して実施して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です