傾向と対策 2020 ヴィクトリアマイル

A.前走は3月以降の重賞で着順は特に考慮しない。(例外:2015年2着ケイアイエレガントは京都牝馬S勝利後3か月の休み明け)

B.8歳以上は消し

C.外国帰りは買い。

馬名 斤量 A B C コース 距離 推奨
アルーシャ 55.0 ×
アーモンドアイ 55.0 ×
コントラチェック 55.0
サウンドキアラ 55.0
サトノガーネット 55.0
シゲルピンクダイヤ 55.0
シャドウディーヴァ 55.0
スカーレットカラー 55.0
セラピア 55.0 ×
ダノンファンタジー 55.0
ディメンシオン 55.0
テーオービクトリー 55.0 ×
トロワゼトワル 55.0
トーセンブレス 55.0 × ×
ノームコア 55.0
ビーチサンバ 55.0
プリモシーン 55.0
メジェールスー 55.0
ラヴズオンリーユー 55.0 ×

本来ならドバイ帰りで問題なかったがアーモンドアイが結果的に長欠明けで消し要素。さらにラヴズオンリーユーも半年の長欠明け。
強い2頭に負の条件が付けば、俄然やる気。
筆頭は連覇狙うノームコア。昨年もG3敗戦から巻き返したし、府中マイルが合うのだろう。
昨年のノームコアに乗っていたレーンはプリモシーン。こちらも府中マイルが得意。ビーチサンバは結果が出ず、人気を落としているが、
大負けもなく展開一つで浮上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です