傾向と対策 2020 京都JS

93 Views

A.前走は6月以降の障害レースで、未勝利なら勝ち、オープンなら掲示板、重賞は一桁着順。競走中止は度外視。(例外:2012年2着バアゼルリバーは5月の京都ハイジャンプ7着から、2019年2着のルペールノエルは4月の中山グランドジャンプ7着から臨戦)

B.関東馬は消し。(過去10年で2014年3着のオベロン、2019年3着のトラキオンコードの2頭)

C.4~8歳まで。牝馬は消し。(過去10年で2019年2着のルペールノエルが唯一の9歳)

馬名 斤量 A B C 推奨
オジュウチョウサン 62.0 × × ×
スズカプレスト 61.0
タガノエスプレッソ 60.0
テイエムチェロキー 60.0
ニシノベイオウルフ 60.0 × ×
ビッグスモーキー 60.0
ブライトクォーツ 60.0

まさかまさかの全項目オジュウチョウサン×
全て例外で3着以内の実績はあるものの、率は相当に低い。
当然オジュウチョウサンが規格外であることは承知しているが、やや馬券妙味はあるかもしれない。
短めの障害コースは2017年以来久々、実戦も春以来半年ぶり。崩れるならここ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です