傾向と対策 2020 中山金杯

A.前走は10月以降の1600~2500で着順不問。条件戦なら勝ち。(例外:2011年3着のナリタクリスタルは新潟記念優勝から臨戦)

B.牝馬は消し

C.8歳以上は消し

D.ハンデは53~58kgまで

馬名 斤量 A B C D コース 距離 推奨
アクート 54.0 ×
アンノートル 54.0
アールスター 53.0 ×
イレイション 55.0 ×
ウインイクシード 55.0
カデナ 57.0
ギベオン 57.5
クレッシェンドラヴ 57.0
サイモンラムセス 53.0 × ×
ザダル 55.0
シャイニープリンス 55.0 ×
ショウナンバッハ 54.0 ×
ソッサスブレイ 53.0
タニノフランケル 55.0
テリトーリアル 56.0
トリオンフ 58.0
トーセンスーリヤ 52.0 ×
ノーブルマーズ 56.0
ハッピーグリン 55.0
ブラックスピネル 57.0
ブレステイキング 56.0
マイネルサーパス 55.0
マイネルハニー 56.0
メイショウエイコウ 53.0
レッドローゼス 56.0

傾向から消せたのは伏兵勢で、実績馬のコース/距離適性が高く、まずまず固そうな雰囲気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です