傾向と対策 2020 京成杯オータムH

79 Views

A.前走は4月以降の芝1200m以上。準オープンなら勝ち必須。オープンは一桁。重賞は着順不問。(例外:2016年3着のダノンプラチナは2月の東京新聞杯4着から臨戦。)

B.重いハンデは馬券になるが、対して51kg以下の軽ハンデは消し

C.牝馬は買い

D.8歳以上は消し

馬名 斤量 A B C D コース 距離 推奨
アストラエンブレム 57.0
アフランシール 52.0
アルーシャ 55.0
アンドラステ 53.0
エントシャイデン 56.0
シゲルピンクダイヤ 54.0
ジャンダルム 56.0
スイープセレリタス 52.0
ストーミーシー 57.0
スマイルカナ 52.0
ディープダイバー 54.0 ×
トロワゼトワル 55.0
ノーワン 53.0 ×
フィリアプーラ 53.0
ボンセルヴィーソ 55.0 ×
ミッキーブリランテ 54.0
メイケイダイハード 55.0
ラセット 55.0
ルフトシュトローム 54.0

牝馬が強いこのレース。牝馬でマイルと中山に良績の3頭を中心に。アルーシャ、シゲルピンクダイヤ、スマイルカナ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です