傾向と対策 2020 平安S

A.前走は2月以降のダート1600m以上のレースで、条件なら勝ち、オープン特別以上着順不問。

B.9歳以上は消し。牝馬はマリーンS組のみ許容

馬名 斤量 A B コース 距離 推奨
アシャカトブ 56.0
アッシェンプッテル 54.0 ×
ヴェンジェンス 57.0
オメガパフューム 59.0 ×
ゴールドドリーム 58.0
スマハマ 56.0 ×
スワーヴアラミス 57.0
ダンツゴウユウ 56.0
ハヤヤッコ 57.0
ヒストリーメイカー 56.0
ヒロブレイブ 56.0 ×
マグナレガーロ 56.0
ミツバ 58.0 ×
メイショウウタゲ 56.0 ×
ロードレガリス 56.0

オメガパフュームは長欠明け、59kgで消し。ゴールドドリームにも特に強調点がなく、これからの馬に食指が動く。
スワーヴアラミスはやや57kgが重く映るが、ダートで崩れたことがない堅実派で京都1900も対応できる。
マグナレガーロはたった5戦の5歳馬で伸びしろに期待。ロードレガリス再転入500万下から4連勝でオープン勝ちでこれからのダート中距離界に君臨しそうな勢い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です