傾向と対策 2020 フェアリーS

103 Views

A.前走は10月以降の1200~2000。新馬、未勝利は当然勝ち必須。ダートや大敗からの巻き返しも可能。

B.牡牝混合戦からの臨戦は買い

馬名 斤量 A B コース 距離 推奨
アヌラーダプラ 54.0
インターミッション 54.0
ウインドラブリーナ 54.0
ウィーンソナタ 54.0
オーロラフラッシュ 54.0
カイトレッド 54.0
カインドリー 54.0
クリノプレミアム 54.0
サナチャン 54.0
シホノレジーナ 54.0
シャインガーネット 54.0
ジュエルタワー 54.0
スマイルカナ 54.0
セイウンヴィーナス 54.0
ソーユーフォリア 54.0
ダイワクンナナ 54.0
チアチアクラシカ 54.0
チェーンオブラブ 54.0
ニシノステラ 54.0
ハローキャンディ 54.0
ヒメサマ 54.0
フィドル 54.0 ×
フェルミスフィア 54.0
フルートフルデイズ 54.0
ペコリーノロマーノ 54.0
ポレンティア 54.0 ×
メイプルプレゼント 54.0

人気サイドの評価はまずまずだが、シャインガーネットは相手強化とはいえ牝馬限定の500万クラスで、
アヌラーダプラ、オーロラフラッシュより評価は下げた。
インターミッション、クリノプレミアム、ジュエルタワー、スマイルカナあたりまで伏兵だが、高く評価をしてみた。
例年荒れる傾向にある重賞で、伏兵同士での決着もありうる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です