傾向と対策 2020 エクリプスS

A.前走は4月以降のイギリスの芝の重賞で5着以内。(例外:2019年優勝のエネイブルは前年のBCターフ優勝から、2018年2着のサクソンウォリアは愛ダービー3着から、2017年3着のデザートエンカウンターはリステッド2着から、2014年3着のサムファットはターセンテナリーステークス7着から)

B.英、愛、UAE所属以外は消し

C.8歳以上は消し(3歳馬優勢だが今年は出走権なし)

D.牝馬は前走G1連対。

馬名 斤量 A B C D 推奨
アデイブ 58.5
バーニーロイ 58.5
ディアドラ 57.0 × × ×
エラーカム 58.5 ×
エネイブル 57.0 ×
ガイヤース 58.5
ジャパン 58.5
ロードノース 58.5
マジカル 57.0 ×
マウンテンエンジェル 58.5 ×

例年3歳馬が有利だが、今年は出走権がなく、古馬の戦い。
牝馬は過去良績がなく、昨年のワンツーが近年では唯一。ただその唯一の連対2頭(エネイブル、マジカル)が出走予定。
その両者ともに長欠明けで、Aの該当から外れるが、エネイブルはやはり例外。
一応はロイヤルアスコット組とコロネーションCのガイヤースを中心に。

※多少表記の揺れがあります。適宜読み替えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です