傾向と対策 2020 アーリントンC

55 Views

A.前走は1月以降の1200~1800mで1桁着順に収まっていること。前走G1のみ長欠を許容(例外:2019年2着のカテドラルは京成杯11着から臨戦)

B.重賞から臨戦以外の牝馬は消し

C.地方馬は消し

馬名 斤量 A B C コース 距離 推奨
アビエルト 56.0 ×
ヴァルナ 56.0
ギルデッドミラー 54.0 ×
グランレイ 56.0
コウエイバクシン 56.0
サイモンハロルド 56.0 ×
ジュンライトボルト 56.0
タイセイビジョン 56.0
チュウワノキセキ 56.0
デュードヴァン 56.0 ×
トリプルエース 56.0
ノルカソルカ 56.0
プリンスリターン 56.0
ボンオムトゥック 54.0 ×
リインフォース 56.0
ロードベイリーフ 56.0

同コースの朝日杯2着のタイセイビジョンは当然筆頭、大敗のきさらぎ賞は度外視してマイルならグランレイ、明らかに格下だが条件的にはクリアなロードベイリーフ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です