傾向と対策 2020 共同通信杯

A.前走は11月以降の芝1600m以上で3着以内。重賞であれば着順不問。(例外:2011年3着のディープサウンドはホープフルステークス10着からの臨戦)

B.きさらぎ賞とは反対に未勝利からの臨戦は消し

C.近い日程にクイーンCがあるので参戦は少ないが出てきても牝馬は消し

D.地方馬は消し

馬名 斤量 A B C D コース 距離 推奨
アジュバント 56.0 ×
ココロノトウダイ 56.0
コンバットマーチ 54.0 × ×
サトノインプレッサ 56.0 ×
シコウ 56.0 ×
シングンバズーカ 56.0 ×
スウィートメリナ 54.0 × ×
ダーリントンホール 56.0
ビターエンダー 56.0
フィリオアレグロ 56.0
マイラプソディ 57.0
マートルフィールド 56.0
エン 54.0 × ×

ココロノトウダイ、ダーリントンホール、ビターエンダー、フィリオアレグロ、マイラプソディの人気サイドが減点なしの加点1で残った。
レースの傾向としては1番人気があまりきちんと結果を出していないが、3番人気までが総崩れになるレースでもなく中穴程度の荒れ模様。
中でも最も穴目になりそうなココロノトウダイがアガリも速く、左回りも勝っているので気になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です