2018 武豊 今週の重賞 騎乗予定 皐月賞

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 4/15 3回中山 8日目
重賞 皐月賞(T2000m G1)
騎乗馬 ジャンダルム(池江 泰寿)

武豊 皐月賞 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 5 1 0 1 3 0.200 0.200 0.400
2 5 1 0 0 4 0.200 0.200 0.200
3 3 1 0 0 2 0.333 0.333 0.333
4 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
5 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
6 1 0 0 1 0 0.000 0.000 1.000
7 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
8 2 0 0 1 1 0.000 0.000 0.500
9 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
10 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
11 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
12 1 0 0 1 0 0.000 0.000 1.000
13 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
14 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
23 3 0 4 16 0.130 0.130 0.304

馬券取捨
過去皐月賞には23回騎乗して3勝、3着3回

上位人気で3つ勝利。
クラシック初戦故か、勝ちにこだわった騎乗で、
人気薄でも3着まで押し上げる。

このレース2着の経験はないので、
人気なら頭で買い、人気薄ならワイド軸か複勝で。

ダノンプレミアムが回避して戦国ムードとまでは行かずとも、
上位が俄かに色目気だってきた。

ジャンダルムも当然その一角で、弥生賞はダノンムレミアムと同じ脚色で3着。
ホープフル、弥生と中山2000mを連戦。
それもハイペースとスローペースを両方経験しているのは強み。
マイルの時のようなキレはやや薄れるが、
当時懸念されていた母親由来の距離適性に関しては、そこまでではないと言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です