2017 武豊 今週の重賞 騎乗予定 天皇賞(秋)

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 10/29 4回東京 9日目
重賞 天皇賞(T2000m G1)
騎乗馬 キタサンブラック(清水 久詞)

武豊 天皇賞(秋) 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 5 2 0 1 2 0.400 0.400 0.600
2 8 2 0 1 5 0.250 0.250 0.375
3 3 0 0 0 3 0.000 0.000 0.000
4 3 1 0 1 1 0.333 0.333 0.667
5 1 0 1 0 0 0.000 1.000 1.000
6 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
7 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
8 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
9 1 0 0 1 0 0.000 0.000 1.000
10 3 0 0 0 3 0.000 0.000 0.000
11 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
12 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
13 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
28 5 1 4 18 0.179 0.214 0.357

馬券取捨
過去秋の天皇賞には28回騎乗して5勝、2着1回、3着4回
東京のG1ではダービーに並ぶ5勝で
春秋合わせて13勝の盾男。

1、2番人気での勝利が基本なのは、もはや言うまでもないが、
G1時での最低人気4番人気(スペシャルウィーク)で勝利しているのもこのレース。
5番人気で2着、9番人気で3着など、人気を度外視しても問題はなさそう。

ただし、今年は概ね1番人気となりそうな状況。
キタサンブラックは、春のG1を連勝。宝塚記念は大敗し、敗因ははっきりしないが、
レコード勝ちの反動と見るのが妥当か。ともあれ、陣営に悲観の色はあまりなく、大敗したことで力負けではないとの分析。
相手は、その宝塚記念を勝ったサトノクラウン、オークス馬ソウルスターリング
復活したリアルスティールなどが挙がるが、主役は譲らないであろう。
盾男とG1 5勝馬。馬券検討から外す理由が見当たらない。

既に、年内一杯での現役生活終了の発表があり、パフォーマンスが見られるのも後3戦。
まずは春秋制覇を期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です