2017 武豊 今週の重賞 騎乗予定 ジャパンC

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 11/26 5回東京 8日目
重賞 ジャパンC(T2400m G1)
騎乗馬 キタサンブラック(清水 久詞)

武豊 ジャパンC 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 6 2 0 1 3 0.333 0.333 0.500
2 2 1 1 0 0 0.500 1.000 1.000
3 3 0 0 0 3 0.000 0.000 0.000
4 2 1 0 0 1 0.500 0.500 0.500
5 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
6 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
7 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
8 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
9 3 0 0 0 3 0.000 0.000 0.000
10 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
11 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
12 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
23 4 1 1 17 0.174 0.217 0.261

馬券取捨
過去ジャパンCには23回騎乗して4勝、2着1回、3着1回

昨年キタサンブラックを優勝に導き、最多の4勝を挙げるも、
実は複勝圏内0.261は全G1中最低の数字で、
2着、3着が少なく、数字としては物足りないG1の一つである。

ちなみに連対率は0.150で阪神JF、勝ってない朝日杯を除くと有馬記念が勝率0.080で最低。

今年のパートナーももちろん総大将キタサンブラック
後2走で見納めとなる予定だが、天皇賞の春秋制覇を達成し、7つ目のG1タイトルを目指すあたり、
引退目前にしてもなお、現役最強であることは間違いない。
前走快勝の昨年の優勝馬。死角はない。

正直なところで言うと、ユタカ自身の状態がやや気になるところ。
先週は日曜だけ2鞍の騎乗を復帰としたが、
復帰した以上万全。乗る以上万全。というのは当然であり、万全であってほしいという希望もある。
そして武豊が乗っている以上、それを応援するのも当然なのであるが、
怪我の内容もあるので、そのあたりが少し心配である。

プロ中のプロであるユタカが1週間の騎乗自重や、怪我で調子を落とすとは思えないが、
プロであるが故の研ぎ澄まされた絶妙な感覚は怪我で微妙にズレたりはしないのだろうか。

あくまで個人的な思いとしては、先週の憤慨した乗り替わりは乗らない週であれば、
陣営もファンも、もっと円満だったろうと感じている。

今後も、まだまだ乗り続けるのであろうと、ご自身も発言されているし、
ファンも当然そう思っている。武豊のいない競馬は考えられないのである。

ご自愛されること、また土日フルで華麗なる騎乗を魅せていただきたいと切に思うばかりである。

いろんな思いが交錯して、馬券は当然頭で勝負。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です