2017 武豊 今週の重賞 騎乗予定 目黒記念

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 5/28 2回東京 12日目
重賞 目黒記念(T2500m G2)
騎乗馬 ラニ(松永 幹夫)

武豊 目黒記念 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 2 2 0 0 0 1.000 1.000 1.000
2 2 1 1 0 0 0.500 1.000 1.000
3 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
4 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
5 3 0 0 0 3 0.000 0.000 0.000
6 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
7 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
8 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
9 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
10 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
11 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
13 3 1 0 9 0.231 0.308 0.308

馬券取捨
過去目黒記念には13回騎乗して3勝、2着1回
1番人気では2戦2勝、2番人気でも2戦2連対
上位人気で逆らってはいけない。

今年のパートナーは、どう判断すればいいかとても困るラニ。
適鞍であるダート直線4000mのレースがないので目黒記念へ。

ここまで、芝コースは一昨年2歳新馬で一度走った以来。
松永幹夫調教師は以前乗ったジョッキーは芝も合うと言っていたということなので、
多分ライアンムーアの進言なのだろう。ここで芝2500に挑戦。

毎度テンで置かれて追走に苦労する馬なので、
1角まで距離がある2500は先行争いが激しくなくスローになりそうな気配で○。
距離は、長ければ長いほどよく、コースは広ければ広いほど良い。
間隔は詰まっていた方がよく、ここは中2週。

ただし芝実績は上記の通り皆無と言ってよく、
斤量も56kgと普通に背負わされた。

UAEダービーを勝ち、ベルモントSを3着で世界のダートで活躍してきたが、
その走りぶりと、性格?からまだまだ素性がわからない未知数な部分が魅力的なラニ。

なにかやってくれる、やらかしてくれる。
そんな風にいつも思ってしまう。
武豊とのコンビでは国内では初めて、ベルモントS以来久々の重賞挑戦

関係ないけど、ダービーの日に目黒記念という組み合わせが好き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です