傾向と対策 2020 日経新春杯

A.前走は10月以降の芝1800m以上で、条件戦なら勝ち必須。オープン以上は着順不問。(例外:2015年優勝のアドマイヤデウスはダービー7着、同年3着のアドマイヤフライトは札幌記念14着からの臨戦)。

B.7歳以上は切り

C.ハンデ51kg以下は消し

馬名 斤量 A B C コース 距離 推奨
アクート 54.0 × ×
アフリカンゴールド 55.0
エーティーラッセン 51.0 × ×
サイモンラムセス 53.0 × ×
サトノガーネット 55.0
スズカディープ 52.0 × ×
タイセイトレイル 55.0
チェスナットコート 55.0
プリンスオブペスカ 54.0
マスターコード 53.0 ×
メロディーレーン 49.0 × ×
モズベッロ 52.0 ×
ヨシオ 54.0 × ×
レッドジェニアル 56.0
レッドレオン 54.0
ロードヴァンドール 55.0 ×

条件的にも牝馬が鬼門のレースではないし、サトノガーネットを推す。
前日に牝馬限定重賞があるが、後方からのレースぶりから小倉は厳しそうだし、
末脚の強力さから、牡牝混合でも十分戦える。
牝馬で55kgは実質トップハンデでも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です