傾向と対策 2020 金鯱賞

A.施行時期が都合よく変わる重賞なので一概には言えないが、前走は1800m以上の1600万以上で2桁着順はG1のみ許される

B.9歳以上は消し

C.G1に出走歴のない牝馬は消し

馬名 斤量 A B C コース 距離 推奨
ギベオン 56.0 ×
ケイデンスコール 56.0 ×
サトノガーネット 54.0
サトノソルタス 56.0
サートゥルナーリア 58.0
ジュンヴァルカン 56.0 ×
ソウルスターリング 54.0
ダイワキャグニー 56.0
ニシノデイジー 56.0
ブレスジャーニー 56.0
マイネルファンロン 56.0 ×
ラストドラフト 56.0
ロードマイウェイ 56.0

減点も加点も少なく混戦。一応は実績馬サートゥルナーリアを上位に見るが、左回りに不安要素と初コース。ならばサトノガーネット、ラストドラフトで同場同距離の中日新聞杯ワンツーを評価。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です