2020 武豊 今週の重賞 騎乗予定 マイルチャンピオンシップ

19 Views
武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 11/22 5回阪神 6日目
重賞 マイルチャンピオンシップ(T1600m G1)
騎乗馬 ラウダシオン(斉藤崇史)

武豊 マイルチャンピオンシップ 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 3 0 1 0 2 0.000 0.333 0.333
2 7 1 2 1 3 0.143 0.429 0.571
3 2 0 1 1 0 0.000 0.500 1.000
4 1 1 0 0 0 1.000 1.000 1.000
5 6 0 0 1 5 0.000 0.000 0.167
6 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
7 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
8 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
9 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
10 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
11 2 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
12 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
13 1 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
14 1 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
15 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
16 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
28 2 4 3 18 0.071 0.214 0.321

馬券取捨
過去マイルチャンピオンシップには28回騎乗して2勝、2着4回、3着3回

武豊復活の兆しとなった2012年サダムパテックで初制覇。翌年もトーセンラーで連覇したが、
その後は低位人気馬の騎乗で勝ちはおろか複勝圏にも恵まれない。
検討範囲は5番人気まで。全体では複勝圏が0.321と馬券になる確率は約1/3。

ラウダシオンは春以来の手綱。
先行して渋太い馬で、3歳マイル王は前走古馬ともまずまず渡り合った。
ハナを切らなければならないわけではないので、同型の強豪がいるがそこまで注文は付かなそう。
同舞台の朝日杯で大崩れしたのと、久々の右回りが気になるところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です