2017 武豊 今週の重賞 騎乗予定 平安S

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 5/20 3回 京都 9日目
重賞 平安S(D1900m G3)
騎乗馬 クリソライト(音無 秀孝)

武豊 平安S 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 4 1 0 2 1 0.250 0.250 0.750
2 3 0 1 1 1 0.000 0.333 0.667
3 3 0 1 0 2 0.000 0.333 0.333
4 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
5 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
6 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
7 4 0 0 0 4 0.000 0.000 0.000
8 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
9 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
19 1 2 3 13 0.053 0.158 0.316

馬券取捨
過去平安Sには19回騎乗して1勝、2着2回、3着3回

阪神・京都で行われる古馬重賞の中では、阪急杯スワンSに並んで、
相性の悪い重賞の一つ。

1番人気率もあまり高くなく、有力馬に騎乗することも多い方ではない。
そもそもが、このレース、1月開催、5月開催と時期が動いており、
フェブラリーS帝王賞の前哨戦として位置しているはずなのだが、
一線級というより、格下が出走権、賞金稼ぎに出てくる方が多い。

さて、平安S 3年ぶりの参戦はクリソライトとのコンビ。
この馬とは、船橋のダイオライト記念でのみのピンチヒッターのイメージが強い。
それぞれ、アウォーディーがいたり、コパノリッキーがいたりと、
同カテゴリに競合する馬が多く、なかなか騎乗機会に恵まれないが、
陣営はユタカを希望しているこことがうかがい知れ、
それもそのはずで、重賞6勝中3勝が豊の手によるもの。

左回り巧者ではあるが、ジャパンダートダービー優勝、帝王賞で2着など、
右回りでも十分活躍している。

地方に良績が偏っており、中央の良績は、昨年のこのレース3着や、
4年前の昇竜Sの勝ちまで遡らないとならないが、
どちらも京都での成績で、中央場所の中でも京都はまだ良い方だろう。

馬券的には非常に取捨が難しいところだが、
豊とクリソライトのコンビはここまで5戦4連対で右回りも実績がある。
中央重賞はこれが初でも、ここは馬券検討には加えておくべきなのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です