2018 武豊 今週の特別 新馬 騎乗予定 11/24,25

特別登録

11/25 5回東京 8日目

10R ウェルカムS
(T1800m 3歳以上1600万下)
チカノワール
(笹田和秀)
前走は軽量で小回り平坦と条件付きだが圧勝。捲り気味に動けるので東京は合いそう。
8R オリエンタル賞
(T1800m 3歳上1000万下)
クラークキー
(池上昌和)
5月に同舞台で現級勝ち。叩き2走目で。
7R ベゴニア賞
(T1600m 2歳500万下)
ダノンシティ
(橋口慎介)
6月の府中でデビューしたが、3走目で勝ち上がり。前走未勝利の時計がまずまずなので、力を付けた印象。

11/24 5回京都 7日目

11R 京都2歳S
(T2000m G3)
ワールドプレミア
(友道康夫)
馬格はそれほどでもないが血統良し。初戦はセンスあり。ここも通過するようなら。
10R 花園S
(D1900m 3歳以上1600万下)
メイショウマトイ
(本田優)
前走はまるで走っていないので度外視。2走前にクラス目処。京都もまずまずで人気を落としているなら。

出馬発表

11/25 5回東京 8日目

4R 新馬
(T1800m 2歳)
クーファピーカブー
(浅見秀一)
オルフェーヴル×ウインアンジェラス(Bertolini)

11/24 5回京都 7日目

6R 新馬
(D1800m 2歳)
メイショウハナモリ
(本田優)
メイショウボーラー×ホワイトデイズ(クロフネ)
5R 新馬
(T1400m 2歳)
ファイトフォーラヴ
(石橋守)
ショウナンカンプ×リトルラブソング(マイネルラヴ)

11/23 9回浦和 5日目

10R 浦和記念
(T2000m Jpn2)
クリソライト
(音無秀孝)
実績、適正は十分だが、前走を見る限り、長欠の影響は大きい。8歳馬が叩いてどこまで変わるだろうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です