武豊未勝利重賞制覇の可能性2018 後半

オジュウチョウサンの依頼が飛び込んでくるなど
夏の騎乗予定もいくつか入ってきたこの頃。
そろそろ下半期の未勝利重賞を考えてみたい。

中央では新たな優勝カップは手に入らなかったが、
大井の東京スプリントを6番人気ながら初制覇し、上半期の地方交流重賞は全制覇となった。

そもそもが中央の未勝利重賞に騎乗する機会が上半期はなく、
海外を合わせても上記の東京スプリントと
ドバイワールドC、ドバイゴールデンシャヒーンの3つだけだったので、
数少ないチャンスを着実にものにできたようだった。

下半期の未勝利重賞は、中央は昨年と同様
悲願の朝日杯を含めて16。
ただし今年はJBCがJRA京都開催ということもあり、みやこSが休止。
で物理的に今年度の完全制覇は不可能となった。
JBCレディスクラシックが交流重賞として計算すると地方が4となっている。

またG1昇格となったホープフルSもすでに前身を含めると5度の制覇実績もあるが、
G1コンプリートという括りでいうと、昇格後も勝っておきたいレースである。

2歳重賞は、
朝日杯サウジアラビアロイヤルC新潟2歳S
の3つを残すのみ(加えてホープフルS)

朝日杯は当然騎乗馬がないと困るわけだが、
騎乗機会の少なそうな新潟2歳Sは以前に比べ、
当地で勝ち上がった馬たちの重賞という意味合いよりも、
距離適性で臨戦する馬が多くなり、以前より可能性を感じられる。
サウジアラビアロイヤルCについても、同様に関西馬の参戦も十分に考えられる。

2歳以外では唯一の関西重賞みやこSが残っているが休止、
替わりにJBCが京都で開催される。
昨年はララベルの斜行で納得いかない結果となったJBCレディスクラシックは、
今年は中央開催ということで地方馬の参戦も少なくなりそうで、
騎乗のチャンスも増えるが、強豪馬が増えそうだ。
プリンシアコメータは昨年がワンポイントで、
現状牝馬のダート馬に有力なお手馬が見当たらない。
レディスプレリュードと併せて、有力馬の依頼が必要。

その他ダート重賞では、中央では短距離のカペラS
交流重賞で同じく短距離のオーバルスプリントがある。
この路線では、
マテラスカイ、グレイスフルリープ、ラインシュナイダーの参戦があれば頼もしい。

中距離ではにマーキュリーCがあるが、
中距離のダートのお手馬では実績が高すぎ、レースの格との微妙なバランスが参戦馬を絞らせてくれない。

上記の2歳重賞とダート重賞では物理的に騎乗が不可能な重賞が2つ。
新潟2歳SとJBCの裏にそれぞれキーンランドCAR共和国杯が施行予定で、
ここは競合してしまえば諦めるしかない。
どちらの重賞も参戦率は高くなく結果も芳しくない。

短距離路線では、アサクサゲンキ、ダンスディレクター、ダイアナヘイロー、エスティタートと駒は揃っており、アイビスサマーダッシュからキーンランドCの転戦に期待。

マイル路線では、リスグラシューやエアスピネルと言った重賞ウイナーがお手馬にいるが、
ちょっと京成杯AHターコイズSは、レースの選択肢として不相応。
距離が持てば上記エスティタート、条件から出直しになるがピースユニヴァース、長欠ジョーストリクトリあたり。

また牝馬路線では、府中牝馬Sにリスグラシューかスマートレイアー。

古馬中長距離のAR共和国杯ステイヤーズS福島記念
現状ではお手馬が見当たらないが、エプソムCで復帰のスマートオーディンはどうだろうか。

3歳世代ではラジオNIKKEI賞セントライト記念と、牝馬の紫苑Sがあるが、
すべて関東で騎乗機会は少なめ。
ラジオNIKKEI賞はすでに裏のCBC賞にアサクサゲンキが向かいそうなので、今年は乗れず。
クラシックパートナーのジャンダルムはフランスの中距離路線を目指すそうなので、当然セントライト記念は無理。
春に乗ったことのある馬ではユーキャンスマイル、グレイルあたりに若干の可能性。
牝馬ではプリュスとモデレイトに春に乗ったが両馬とも、能力の開花はあるだろうか。

海外レースでは、昨年は頓挫したが、今年も凱旋門賞への参戦プランが浮上している。
参戦予定のクリンチャーはフォワ賞から本番のローテで前哨戦もユタカの手綱の予定。
またジャンダルムもフランス遠征が予定されているので、ジャックルマロワ賞、フォレ賞あたりはどうだろうか。

その他昨年度実績で言うと、韓国と香港の国際レースに騎乗予定がありそうだ。
今年もJRAは変更のないクソ日程で通す予定だが、阪神2歳G1と香港国際競走が重複。
まだ勝っていない香港マイル香港スプリントあたりは
エアスピネル、ジャンダルム、リスグラシューなど期待できそうなお手馬が参戦できそう。
韓国のコリアCにはアウォーディーはどうだろう。

今年の秋は海外が面白そうな感じがしている、
2018年下半期の未勝利重賞の騎乗想定(妄想)でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です