2017 武豊 今週の重賞 騎乗予定 関東オークス

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 6/14 3回川崎 3日目
重賞 関東オークス(D2100m Jpn2)
騎乗馬 サクレエクスプレス(加藤 征弘)

武豊 関東オークス 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 2 1 0 0 1 0.500 0.500 0.500
2 3 1 0 1 1 0.333 0.333 0.667
3 2 0 0 1 1 0.000 0.000 0.500
4 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
8 2 0 2 4 0.250 0.250 0.500

馬券取捨
過去関東オークスには8回騎乗して2勝、3着2回

初挑戦の2003年に早々に勝利し、その後もユキチャンで勝利するなど、
少ない騎乗数で2勝をあげているが、上位人気の割に成績が追い付かない。

大敗の2頭は、ダート初挑戦とC3クラスの地方馬で、
この時期未だダート適正の見えない状況でも武豊に期待するところは大きいのだろう。

また、定量の交流重賞にしては地方馬が2勝もしており、中央馬だからといって、
安易に上位とランク付けも出来ないレースである。

さて、登録前ではアポロユッキーにも騎乗の依頼があったようだが、
サクレエクスプレスで決まりのようだ。

フラワーCで負けたことでダート転向。
500万は快勝と言って良いが、青竜Sは重馬場の時計に対応できていなかった。
ただ逆に地方の馬場は合いそう。
血統的にも母親のビーポジティブが豊で南関東の重賞を勝っているので裏付けあり。

最近はクラシックで負けた馬というよりも、
クラシック前哨戦で対応できなかった馬が早々にダートに切り替えて、
ここへ参戦する流れのようで、そう言った意味では、中央馬も好感が持てる。

豊のサクレエクスプレスも上記の通りダートで500万を勝っているので、
適性は確認済みであるが、他の馬も適正は確認済み。

ダート初挑戦で人気を吸ってくれる馬がいないので、配当妙味は地方馬へ行くが、
東京プリンセス組の2頭が、なんとか対応できるかという程度の南関東勢なので、
地方馬好きの筆者としては注目している、他地区の重賞ウイナーへ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です