2018 武豊 今週の重賞 騎乗予定 凱旋門賞

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 10/07 ロンシャン
重賞 凱旋門賞(T2400m G1)
騎乗馬 クリンチャー(宮本博)

武豊 凱旋門賞 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
6 0 0 1 5 0.000 0.000 0.167

馬券取捨
凱旋門賞には過去6戦騎乗して3着が一度。
あまりどのレースがと特定しないユタカ自身も、
このレースには勝ちたいと公言するレースであり、
ユタカだけではなく、全ての日本競馬に関係する人たちの悲願のレースでもある。

フランスのレースという事もあり、場外、場内、ブックメーカーで人気は不定。
まあどんな成績の馬でも馬券検討から外すことはないのだが。

ユタカ5年ぶりの凱旋門賞参戦は、フォワ賞6着のクリンチャー。
クリンチャーの重馬場適正や、叩き良化型を考慮すると、
フォワ賞の内容はそう悲観するものでもなく、
脚の使いどころや、レースを引っ張った内容を考えると、
前哨戦としてはまずまず。(結果が付いてくれば当然それはいいことなのだが。)
本番は相手強化は当然としても、クリンチャー自身の出来は、
フォワ賞以上になることは必至だろう。

既に馬場状態を気にして何頭かは回避の意向で、さらに馬場が悪くなれば、
有力馬の回避も考えられ、重馬場巧者のクリンチャーには好都合。
最後の直線で内に進路が広くなるオープンストレッチも今回は使われないようで、
先行策であろうクリンチャーにはこれも好都合。

京都記念が主な勝ち鞍で前哨戦6着では、格は当然落ちるわけで、
そうそう期待通りに行かないとは思うが、4000勝騎手に期待を寄せずにはいられない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です