2018 武豊 今週の重賞 騎乗予定 JBCスプリント

武豊 今週の重賞 騎乗予定
開催 11/4 5回京都 2日目
重賞 JBCスプリント(D1200m Jpn1)
騎乗馬 マテラスカイ(森秀行)

武豊 JBCスプリント 騎乗成績
人気 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 2 1 0 0 1 0.500 0.500 0.500
2 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
3 2 0 1 0 1 0.000 0.500 0.500
4 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0.000
5 1 0 0 0 1 0.000 0.000 0.000
6 2 0 0 1 1 0.000 0.000 0.500
7 2 0 0 0 2 0.000 0.000 0.000
9 1 1 1 6 0.111 0.222 0.333

馬券取捨
JBCスプリントには過去9回騎乗して1勝、2着1回、3着1回
JBCクラシックと同じくして創設された割には、
半分の参戦と1度の優勝で、特に目立つ内容ではない。
人気も中央馬の中では下位人気馬が多く、
ダート短距離にあまり有力なお手馬がなかったことがうかがい知れる。
近10年で3度の騎乗と、騎乗機会も少なく、最後に複勝圏に入ったのが2005年と
JBCクラシックとは対照的なレースである。

ところが今年は様相が一変。
ダート界の最速短距離馬マテラスカイでここに参戦。
武豊と組んだ今年の2戦目から馬が一気に変わり、国内中央では負けなし。
2走前のプロキオンSでは圧巻のレコードVで、ドバイでも条件馬ながら5着入線。
前走は休み明けの太目残りと落鉄、初めての地方の深い砂で直線失速。
今回はJBC自体がJRA京都開催というのもこの馬にはいい条件で、
叩き2戦目で、ここは他馬とは比較にならないスピードが期待できそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です