おそらくJBCの結果ではJRAがG1同日開催することはないだろう。

JBCは盛り上がった。

ダートとは言え、Jpn1競走が3連続はJRAとしては初の試み。
ジャパンCとジャパンCダート(現チャンピオンズC)を同日開催したことはあったが、
その後は同日施行されず、今では週も場所も違う全く関係のないレースになってしまった。
というのも、結局は売り上げが伸びずに、
G1競走を日曜日に単独開催したほうが売上もいいと言うのが事実で、
その点でG1級競走を同日開催しないJRAの懐事情なのだろう。

では今回のJBCを受けてJRAはG1同日開催に踏み切るかと言えば答えはNOである。

今回のJBCは
JBCスプリントが39億円、JBCレディスクラシックが42億円、JBCクラシックが75億円
で3レース合計で156億円と、普段の中央G1レース1つ分にしかならない。

普段行われないJBCが今年だけ中央にレンタルされた形で、
例年ならこの週はみやこS(G3)が行われていて、
1レースの売得金が30億円程度を考えると、
地方からただでそこそこネームバリューのあるレースを借りることができたのだから、
儲かったと言ってもいいだろう。

ただしこれは例外であり、現在行われている中央のG1レースを同日に3つ移設して行えば、
売上は3分の1になると言うのが、JRAの思考だろう。

そしてそれはJBCの結果を見て分かる通り、多分正解である。

単純にメインレースだけを比較して、秋華賞は149億円の売得金があり、
JBCクラシックはその半分の75億円。
3競走の売り上げで比較すると、
秋華賞当日の準メインと最終レースはそれぞれ、8億円、18億円だから、合計で175億円。
秋華賞がアーモンドアイの三冠目前で前年比109%を考えると、
結局はパイの数は同じで、客の財布の量は大して変わっていないと言える。

売上から考えるとJRAがG1を同日に複数行うのはかなり厳しい。
出来ないことはないだろうが、別の週にやったほうが儲かるわけで、
同日開催に踏み切るには、何か別の要因が必要そうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です